人気のカラコンブランド
> > ピュリーム

ピュリームについて

流行に乗るカラコンブランド人気

最近のオシャレ事情は幅広いものがあります。ファッションやコスメだけでなく、コンタクトにも流行があります。その代表例が「カラーコンタクト」です。 数年前には、処方箋もなく手軽に購入できることから、爆発的に売れていたカラーコンタクトですが、今は事情が違います。目に関するトラブルや失明の危険性という社会問題にまで発展したケースがあったためです。 現在は、度ありや度なしに関わらず、眼科での診察が必要とされています。人の顔がそれぞれ違うように、目に関しても個性があるのです。コンタクトが合わないタイプの人もいますし、ドライアイなどで利用しない方がいい人もいます。 それらの目に対する危険性やトラブルなどを考え、きちんと眼科で検査し、安心・安全にカラコンを利用するようにしましょう。 カラコンには、それぞれブランドがあり、人気も様々です。例えば、人気モデルや芸能人などが愛用しているようなブランドの場合、カラコンの売れ行きはうなぎ上りの傾向が見られます。中には、カラコンのプロデュースまで手掛けるモデルもいて、その影響力はとても大きいものとなっています。

カラコンのブランドを知ろう!

ここでは、カラコンのブランドについて、いくつか具体例を挙げてみたいと思います。特に人気が高いブランドについて紹介していきましょう。

流行に乗るカラコンブランド

  • キャンディーマジック
  • フェアリー
  • tutti(ツッティ)

順を追って説明していきます。

キャンディーマジック

ブランド例1として、「キャンディーマジック」があります。ブランド率が10%と平均より3倍~5倍近くシェアがあります。全体のカラー率も、12.8%と種類が豊富で、総カラー数は51色もあります。取り扱っている商品が多いということからも、人気のあるブランドのひとつです。

フェアリー

ブランド例2として、「フェアリー」があります。ブランド率が7.3%と、こちらも高いです。総カラー率は7.5%で、上位のランクに入ります。カラー数は30色あり、平均よりかなり多い傾向にあります。8つのブランドを持っており、それぞれの特色が魅力的な商品を扱っています。

tutti(ツッティ)

ブランド例3として、「tutti(ツッティ)」というブランドがあります。8つのブランドを持っていることと、カラー数が32もあるということで、選択肢が多いという特徴があります。ピアコーポレーション株式会社が製造販売しているブランドになります。

【ピュリューム】の特徴について

ここでは、くみっきーがプロデュースした【ピュリューム】について紹介していきます。ティーン向け雑誌などでも広く宣伝され、若い世代を中心に人気が出てきているカラコンです。このピュリュームについて、いくつか特徴を述べていきます。

  • 目がキレイに見えて、なおかつ盛れる
  • 柔らかさにこだわり、目に優しい素材
  • こだわりのパッケージ

順序立てて述べていきましょう。

目がキレイに見えて、なおかつ盛れる

どんなシーンでも合わせやすいように、種類も豊富です。

柔らかさにこだわり、目に優しい素材

つけた感触の違いが分かるコンタクトレンズでもあります。

パッケージのこだわり

インテリアにできるほど可愛いデザインで、女性の心理を活かした商品です。